home インテリア DVから逃げない女

DVから逃げない女

 壁に叩きつけられ、階段から突き落とされ、首を絞められ、命の危機にさらされながらも、駆けつけた警察官に「転んだだけ」と告げて、夫をかばう女性。なおも暴力夫の傍に留まり続ける女性。
 「なぜ?」と、誰もが疑問を投げかけるでしょう。心配し、忠告する友人たちに、「人それぞれ、生き方がある。」と背を向け、友人を失っても、夫を選ぶのはなぜでしょうか。「親密な距離」の範囲外にいる第三者には、とうてい理解できません。
 住居を失うことになっても、定職に付いていなくとも、サポートしてくれる実家がなくとも、別れようと決意した女性は、果敢に行動するものです。理解しがたいのは、そこに至れない女性の、その理由です。
Top