home インテリア 部屋をおしゃれにするインテリアとコツ

部屋をおしゃれにするインテリアとコツ


コツ① 照明を活用して空間を作ろう
●空間作りに大切なお洒落な照明
広い空間を演出したい時は、照明を天井に近いデザインを選びましょう。照明を空間のポイントとして活用したい時は、大きめなデザインの照明を選ぶのがお勧めです。

●照明のデザインで空間のイメージが変わる
照明の大きさや、コードの長さによって空間のイメージが全く変わります。コードを長くする事によって、空間がぐっとしまった印象になります。是非、コードの長さを色々試してみましょう。

●電球の形が見える事で、レトロ感を演出
電球が見える事で、空間がレトロな雰囲気をかもし出してくれます。すっきりとした空間の中で活用すると、照明のお洒落さがぐんとアップします。

●シックな空間には大きなデザイン照明を活用
シンプルで、シックな空間に、あえて大きな丸い照明を活用する事で、お部屋がとても柔らかい印象になります。又、角が多いお部屋にも丸い照明を活用すると印象が変わるのでお勧めです。

●可愛い照明をお洒落に活用
POPなイメージの空間を作る時、キッズルームでも活用出来そうな照明を活用する事で、お洒落感がアップします。消灯している時も可愛い、インテリアの様な存在です。

コツ② ベースの色を決めて空間を作ろう
●色のベースをしっかりと決めて空間作り
空間の色の統一感や、テイストを合わせる事がとても重要です。まずは、どの様な空間にしたいのかをしっかりと考えてインテリアを選びましょう。

●まずは、白を基調にし、空間を作ってみましょう
テイストや、空間の色合いが決まらない時は、まず、白を基調にし空間をデザインしてみましょう。ソファーの色など、大きなインテリアの色がメインとなるので、空間をデザインしやすくなります。

●白をベースにガーリーな空間作り
白をベースに、ゴールドや、可愛らしいインテリアを活用する事で、ガーリーな空間を演出出来ます。全体的に、白で統一すると、お部屋に開放感が出てきます。

●暖色系のインテリアを活用
白をベースにし、暖色系のインテリアを活用する事で、暖かい印象になります。さらに、角のあるものではなく、丸いデザインを活用すると、より柔らかい印象の空間になります。

●青をメインに空間作り
全体的に青を取り入れ、統一する事で、お洒落感が一段とアップします。青と言っても色々な色があります。淡い青系のインテリアを選ぶのがお勧めです。

コツ③ 壁を活用して空間を作ろう
●壁もお洒落に演出
本棚を取り付ける事によって、北欧テイストの空間が演出出来ます。普段読んでいる本でも良いですし、よりお洒落な空間をデザインしたい時は、アンティークショップの洋書を活用し、本棚をお洒落に演出しましょう。

●本棚と、絵画をお洒落に演出
アンティーク感を出したい時には特にお勧めです。あえて、セピアの絵画や、写真をフォトフレームに入れて、お洒落に壁を演出しましょう。

●フォトフレームをお洒落に配置
様々なフォトフレームを活用し、お洒落に配置してみましょう。シンプルな空間のポイントとして、壁にデザインを施すと、お洒落感がアップします。種類の違う可愛いフレームを活用するのがお勧めです。

●アンティーク感を出して、お洒落なフレームを活用
アンティーク感を出したい時は、ゴールドや丸いデザインのフレームを選ぶのがお勧めです。あえて、同じ配色の絵画を活用する事で、統一感が出ます。

●趣味も壁に吊るし、インテリアとして活用
納: 自転車用フック:
趣味の物を、あえて、壁に吊るし、インテリアの様に活用してみましょう。スケボー、自転車、楽器、スニーカー、帽子など、なんでも、お洒落なインテリアになります。

コツ④ さし色を加えて空間を作ろう
●さし色を加えて、空間を明るく演出
さし色を加える事で、お部屋の印象が随分変わり、華やかな空間を演出出来ます。あえて、明るい色のインテリアを活用する事で、お洒落感がアップします。

●シンプルなデザインの空間の中にポイントとしてさし色を加えお洒落に演出
シンプルな白をベースとした空間の中に、あえて、ソファーだけさし色として、違う色のインテリアを選ぶ事で、お洒落感がアップします。

●白とウッド感をベースとした空間にさし色を加え演出
ウッド調色の同系色の黄色を活用する事で、統一感が出ます。そこで、ポイントのさし色として、青を入れる事により、キリットした空間を演出出来ます。

コツ⑤ 緑を加えて空間を作ろう
●窓際に緑を加えて、爽やかさを演出
空間に緑を加える事で、爽やかな印象になります。サイズによってリゾート感が出てきますので、さり気なく活用したい時は、小さい物か、横幅がない観葉植物を選ぶのがお勧めです。

●シンプルなデザインの中に緑を加えてお洒落に演出
白をベースにした空間に緑を加える際、葉が小さければ小さい程、さり気ないお洒落さがアップします。リゾート感を演出したい時は、逆に、白い空間の中には葉の大きい観葉植物を選ぶのがお勧めです。

●リゾート感を演出したい時には横幅と、高さのある緑を活用
大きい観葉植物を活用し、リゾート感を演出しましょう。ここで、注意する事は、大きい観葉植物を置き過ぎない事です。複数活用する時は、あえて大きさの違う観葉植物を選ぶのがお勧めです。

コツ⑥ 高さを意識して空間を作ろう。
●インテリアの位置や、高さを確認し、配置を考える
インテリアの高さをなるべく合わせる事により、お洒落感と、空間がすっきりとしたイメージになります。ソファーの横にいきなり高さのあるインテリアを配置するのと、同じ位の高さのインテリアを配置するのでは、随分と印象が変わります。

●窓の高さに合わせて、インテリアの高さを選ぶ
窓の高さと、インテリアの高さを合わせるのがポイントです。窓の位置によって、空間の印象が変わるので、全体を見て、高さを合わせましょう。

コツ⑦ クッションを活用して空間を作ろう
●色々な種類のクッションを活用し、華やかに演出
様々なクッションを活用し、配置する事で、まるでパリのお部屋の様な空間が演出出来ます。シンプルな空間にも、柄付きクッションや、単色クッションを活用して、お洒落に演出してみましょう。

コツ⑧ ウォールステッカーを活用して空間を作ろう
●ウォールステッカーを活用し、お洒落に演出
紙シール 壁ステッカー シール ステッカー 壁 壁紙 ウォール シート ハリー アート ポスター おしゃれ インテリア diyリビング 賃貸 はがしやすい デカール 【HLS_DU】 18P:インテリアショップ 【ハリー】
ウォールステッカーを活用する事で、インテリアを活用しなくても、お洒落感がアップします。又、壁に活用される事が多いですが、ドアなどに活用するのもお勧めです。

コツ⑨ ベッドを活用して空間を作ろう
●ベッドをお洒落空間のポイントに活用
content/uploads/2011/10/small-apartment-Petya-Gancheva-31.jpg … – Forum – GLAMOUR
大きいベッドで、北欧テイスト感を演出出来ます。ベッドの上に、クッションなどを置き、お洒落空間をデザインしていきましょう。

コツ⑩ ベッドカバーを活用して空間を作ろう
●ベッドカバーが空間作りのポイントとなる
ベッドカバーの選択によって、空間の雰囲気が決まります。カラーやデザインを作りたい空間に合わせて決めましょう。枕カバーとベッドカバーのデザインをあえて変えるのがお勧めです。

Top