home 未分類 昨日の事

昨日の事

昨日も朝から息子の部活に会場に送りに。家に戻ってきてから娘の自転車の点検を。小学校から自転車点検カードというのをもらってきてそれに記入しなければならないのは毎年なのだけれど、昔自転車のレースなどしていた頃の多少なりの技術を覚えているのは自分の事ながらありがたいもの。

それからは娘と上杉神社にお花見に。娘は桜よりも大好きな玉こんにゃくを食べまくる(これがほんとの花より団子^^;)。
image

image

今日娘と一緒に歩いてみて思ったのが、娘、本当に背が高くなった。小学6年生になったばかりで155センチ、クラスでも後ろから4番目らしい。うちの嫁さんが背が高い、それの遺伝なんだろうけど、息子の時みたいあっという間に抜かれてしまうんじゃないだろうか?まあもしそうなったとしても、子供の成長って嬉しいもんなんですけどね。

午後からは将棋教室。今日は他の行事、イベントに行っている子が多く、少なめの人数での教室。そんな中、久々の女性の方がこられて将棋指せたのはよかった。今度の大会、都合つけばぜひ頑張ってきてください。

夕方家に帰って戻ってきてからは今日2時キックオフだったモンテディオ山形とファジアーノ岡山戦をダゾーンで見る。モンテ、1-2で敗戦。内容は互角以上だったけれど、相性の悪さは健在だったという事か。

夜は7時からアベマTVで、天才中学生棋士の藤井聡太四段の炎の7番勝負の最終局、羽生義治三冠との将棋を見る。結果藤井少年の勝ち!結果トップクラスの棋士相手に6勝1敗という圧巻の成績を残しました。この最終局の戦型、角換わり腰掛け銀のあの▲4五桂の仕掛け。
image

私的にはこの仕掛け、昨年の竜王戦第1局で丸山九段が渡辺竜王にやっていった仕掛けで内容的にも完敗した将棋で(その前に同仕掛けで先手が勝った将棋の、その後手の反省、改良があり)、そのあとも何局かプロ間でも指されたようですがその完敗の内容が私の頭に残っており、なんとなく「この仕掛けは無理なんだろうなー」と感じていたもので、だからこの最終局でも「羽生先生から教えていただけるせっかくの機会だから丁寧な戦型でいこう」という風に通常考えてしまうところをこの仕掛けを指していったその藤井少年の度胸に、私はこの将棋を見ていて1番驚いてしまいました。

かつて羽生先生が同じような中学生棋士になったころの企画で5番勝負を行い、4勝1敗という成績を残しましたが(中原先生、中村先生らに勝ち、高橋先生に負け)時代が回り、今回のような今度は羽生先生が受けてたつようになる事に、私のような多少なりとも長く生きてきた人間からしたら、その時代の流れを感じずにはいられませんでした。
Top