home インテリア 新生活1年目のゴールデンウィーク後は五月病に注意!事前に知っておきたい予防と対策

新生活1年目のゴールデンウィーク後は五月病に注意!事前に知っておきたい予防と対策

ゴールデンウィーク明けは五月病にかかりやすいといわれています。

特に新しい環境に身を置く新社会人や新大学生は、慣れない環境でストレスや疲れが溜まりやすいので五月病にかからないよう注意したいところです。

本記事では、五月病を予防するための知識と対策をまとめています。五月病の原因と対策を知り、できる限りの対策をしておきましょう。

五月病とは?

五月病は正式な医学用語ではなく、一般的に季節性うつ病を指す病名として使われています。

その名前からも分かるように五月に発症しやすい症状です。特にゴールデンウィーク明けに発症することが多く、新社会人や新入社員が発症しやすいとされています。

五月病は夜眠れない、頭痛やめまいがする、イライラするのが特徴です。会社や学校に行きたくなくなるのも五月病の症状のひとつで、人によっては1ヶ月以上続くこともあります。

五月病をこじらせると本格的なうつ病に発展する恐れがあるので気をつけてください。

五月病の原因

五月病にかかる主な原因は、新しい環境に身を置くことによる精神的な疲れです。

4月は新しい会社、新しい学校で緊張しているので精神的な疲れに気づきにくいものです。しかし、環境に慣れ始めた頃にまとまった休みに入るゴールデンウィーク明けに緊張の糸が切れやすく、精神的な疲れを自覚し始めます。

また、真面目な人、責任感が強い人、完璧主義の人、感情を表に出しにくい人などがかかりやすいのが五月病の特徴です。必要以上に自分にプレッシャーをかけると、自分で自分を追い込んでしまい五月病にかかりやすくなります。

五月病の予防方法

1aa292ba3f5f8b49fdb1dfaf19da48d0 新生活1年目のゴールデンウィーク後は五月病に注意!事前に知っておきたい予防と対策

ストレスを溜め込まない

新しい環境は気を遣うことが多いので精神的にストレスが溜まりがちです。ストレスに耐性がある人やうまく発散できる人は五月病にかかりにくいですが、ストレスを発散するのが苦手な人は注意してください。

五月病を予防するにはストレスを溜め込まないようにしましょう。少しのストレスでも溜まっていくと精神的に負担になるので、ストレスは小出しにするのがコツです。

カラオケで思いっきり声を出したり、体を動かしたりするものいいでしょう。自分なりのストレス解消法を見つけて発散することです。

家族や友達に悩みや愚痴を話す

悩みを一人で抱えるのはよくありません。家族や友達に悩みを話すことは五月病の予防になります。

悩みを誰かに話すのはとても大事なことです。悩みを解決できなくても聞いてもらうだけで心が軽くなります。

お互い新社会人になったばかりの友達同士なら、悩みを相談し合ったり、愚痴を言い合ったりするのに最適です。ただし、愚痴だけでは味気ないので、気晴らしになるような楽しい会話も心がけましょう。

充分な睡眠をとる

睡眠が充分でないと翌日に疲労を持ち越してしまい、仕事の質が低下します。睡眠不足は集中力が低下し、ミスを誘発してしまいがちです。

睡眠不足で集中力低下→ミスをする→上司に怒られる→ストレスが溜まるという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

睡眠は体の健康だけでなく、心の健康にも関係しています。睡眠は心を休めるためでもあり、睡眠不足だと心が充分な休養をとれません。

五月病を予防するためにも、充分な睡眠をとるようにしましょう。

栄養バランスのとれた食事を心がける

忙しいとつい外食やコンビニ弁当で済ませてしまいたくなりますが、偏った食事は体だけでなく脳の栄養不足にもなります。しかし、これは危険です。

このような栄養が偏った食事を続けていると「幸せホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質「セロトニン」の不足を招き、自律神経が崩れてしまいます。

新社会人になると歓迎会や飲み会で外食する日が多くなりますが、それ以外の日は自炊して栄養バランスのとれた食事をするように心がけましょう。

料理を時短で作りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

自炊が捗ること間違いなし!料理の時間を節約できる便利なキッチングッズ・家電8選

適度に運動する

新社会人になって忙しいと運動する時間が減ってしまいますが、運動は五月病の予防に効果的です。運動は体だけでなく心にも影響していて、運動によって「幸せホルモン」の「セロトニン」の分泌が促されることで心が安定します。

体を動かすことはストレス解消やリフレッシュにもなるので、心のためにも適度に運動しましょう。

環境の変化は思っているより心の負担になっていることを理解しよう

新しい環境は自分が思っているより心の負担が大きいものです。新しい職場や学校で緊張したり、対人関係で気を遣ったり、慣れない仕事で怒られたりするとだんだん心に疲れが溜まっていきます。

体の疲れは分かりやすいですが、心の疲れは実感しにくいので厄介です。気づいた時には疲れが相当溜まっていて、緊張の糸が切れるゴールデンウィーク明けに五月病にかかってしまいます。

仕事や学校に行きたくないと思い始めるのは心の注意信号です。症状が進むと自分の意思と関係なく朝起きれなかったり、頭痛やめまいなどの体調不良が現れたりします。

そうした症状が現れないように、ストレスを溜めないようにし、充分な睡眠をとることを心がけましょう。

おわりに

五月病は誰でもかかる可能性があります。五月病にかからないようにするには健康な生活を心がけ、体調だけでなく心の不調にも気をつけなければなりません。

特に四月から一人暮らしを始める新社会人や新大学生は、慣れない一人暮らしで不安に感じることかと思います。悩んだら家族や友達に相談し、一人で悩みを抱え込まないようにしましょう。

一人暮らしに不安がある方は友達や兄弟姉妹と暮らすのも選択肢のひとつです。ルームシェア可の物件なら友達や兄弟姉妹と一緒に住めるので寂しくありません。以下のページでルームシェア可の物件を探してみてください。

ルームシェア可の物件特集

Top