home 未分類 息子の登校時間

息子の登校時間

 

息子が通う小学校は、

 

自宅から5分もあれば余裕で間に合う距離にあります。

 

 

 

朝8時に校門が開き、

 

8時20分までに登校する決まりだと息子は話していました。

(わたしは知らない。)

 

 

 

 

確か、

 

新一年生は朝の準備時間も考え

 

8時10分までに登校するよう

 

言われていたような記憶があるのですが

 

 

 

息子は、

 

「長い針が、34までに行けばいいんだよ♡」(8:15か8:20)

 

と呑気に言い張っております。

 

 

 

 

はじめの頃は、張り切って

 

7時55分頃に家を出ていた息子も

 

 

今となっては、どこの大御所だ?並みに

 

8時05分〜8時10分あたりに家を出ています。

 

 

 

それも全く焦る様子などなく、

 

同じマンションの上級生達が走って登校する横で

 

彼は優雅に歩いていきます。

 

しかも若干ジグザグに。

 

 

 

この時間に一年生の証である黄色いランドセルカバーをした

 

小学生の姿は見当たりません。

 

 

 

そして、

 

何度も何度も振り返ってわたしに手を振ります。

 

 

 

わたしの姿が見えるから振り返ってしまうのだ、

 

とこっそり隠れるんですけど

 

 

 

 

 

 

・・・なぜか見つかります。

 

 

 

わたしは心の中で、

 

「真っ直ぐ歩いてーーー。前見てーーー!」

 

と必死に叫んでいる毎日です。

 

 

 

 

 

 

保育園卒園前に、

 

あるママさんと小学生になってから朝の準備が心配だ

 

という会話をしていました。

 

▼▼▼


 

 

 

この時わたしは、

 

遅刻して先生に怒られることも経験だ

 

とのたまっていたのですけど

 

 

 

なんと!

 

遅刻するようだったら

 

親同伴で登校しなければならないことを知りました。

 

 

 

 

なんということ。。。。

 

 

 

 

息子の遅刻は息子の問題で

 

わたしの問題ではない、と

 

わたしからすっぱり切り離した案件でしたのに

 

 

息子の遅刻イコール、

 

みっちり!わたしの問題ということになってしまいました。

 

 

 

 

 

学校へ行くのが恐ろしくイヤです。

 

というか、恐ろしくめんどくさいです。

 

 

 

 

 

 

 

息子のこの余裕ぶっこき気質、焦らなさ加減は

 

完全にわたしの血だと母は言います。(遺伝

 

 

 

 

学生時代のわたしの朝こそ、相当なものだったらしいのです。

 

遅刻なんぞ一度もしたことのない母からしたら

 

とんでもない我が娘の行動。

 

 

毎朝毎朝、大変だっただろうと思います。

 

 

 

んじられないっ!!んがえられないっ!」

 

・・と何度も言われた記憶はあります。

 

 

 

 

 

それでも、

 

のら〜りくら〜りヘラヘラしながら

 

調子のいいことばっかり言って

 

 

車でしょっちゅう送らせたそうです。感感謝

 

 

 

 

これがまた詐欺師並みに口がウマく

 

なんか知らんけど、その気にさせられて

 

気が付いたら車に娘(わたし)を乗せて学校へ向かってしまっている

 

という図式。

 

 

 

 

「使われた!」

 

と未だに母は言いますw感感謝

 

 

 

 

母にここまでして頂いたので

 

わたしも

 

 

 

・・と思うものかーーーーーー!

 

 

 

 

息子が遅刻するしないは正直どうでもいい。

 

 

わたしが子どもと同伴して登校するだと??

 

 

 

否!!断じて否!!

 

 

 

ギリギリでもいいので

 

校門が開いている時間になんとか滑りこんで欲しいです。

 

 

 

 

今朝、彼が家を出たのは

 

8時15分でした。

 

もう出掛ける時間だよ?ってときに

 

彼は優雅に絵を描いていました。チーン

 

 

画家になればよいと思います。

 

 

 

新一年生!ファイト!・・・いや、

 

世のお母さん、ファイっ!!

 

 

今日は、以上です。

 

 

ということで、今日もありがとうございました。

 

 

Top