home インテリア 役立つこと間違いなし!一押しの文具

役立つこと間違いなし!一押しの文具


■背幅が広がる「ガバットファイルシリーズ」
書類に穴を開けてとじるファイルです。と思いきや、このファイル、背幅が広がります。書類が増えたら背幅を広げればいいんです。
ファイルがパンパンにならない。これ一冊で驚くほどの枚数をとじることができる優れものです。もう何冊もファイルを買う必要はありません。

■背幅が広がるクリアファイル「ノビータシリーズ」
書類に穴を開けずにとじるなら、ノビータシリーズが便利。こちらも背幅が変わるので、書類の枚数が少ない時はスッキリ。そして枚数が多くなっても、やっぱりスッキリおさまります。
たくさんの書類をとじても丸まること無く、積み重ねても雪崩がおきない!ファイルが崩れてくるあのストレスともサヨナラです。

■封筒まで入る「デスクトレー」
デスクトレーって、ようするに書類を一時的に保管しておく箱的なもの。実はこれには大きな問題があるのをご存知ですか?
なんと、A4サイズのトレーには、A4の書類が入る封筒が入りません。つまり、封筒からいちいち取り出してトレーに入れるか、トレーからはみ出して、入れるというか置くみたいな使い方しか出来なかったんです。
で、大きくしたんです。
すごく単純な話なのですが、今までこれがなかった。もうあの煩わしさとお別れです。

■テープのりで迷ったらこれ「ドットライナーホールド」
テープのり。めちゃくちゃ流行ってますよね。ただ、流行り過ぎて種類多すぎ。どれ選んでいいのか分からないって方にこれ。
これは、挟んで引くだけの恐ろしく簡単なテープのり。超絶かんたん。誰でもまっすぐのり付けすることができる。
で、これの究極すごいのは、開いて使うこともできる。もはや死角なし。

■硬すぎず柔らかすぎずちょうどいい「スティックのり なめらかプリット」
テープのりも悪くないけど、のりはスティック派という方にはこれがおすすめ。極上なめらかの名にふさわしく、ぬりやすさ抜群、のりダマができないという捗る逸品。

■1アクションで貼れる両面テープ「ラクハリ」
これまでの両面テープは、「切る」、「貼る」、「(はくり紙を)剥がす」、「(ゴミを)捨てる」の4アクションが必要でしたが、もうそんな時代はとっくに終わっていました。
このラクハリを使えば、「貼る」だけの1アクションで済みます。作業効率が上がるなんてもんじゃないです。やばい。

■しっかり貼れてキレイにはがせるタイプもあります!
ラクハリにはもう1種類ありまして、それがしっかり貼れてキレイにはがせるタイプ。
これ、キレイにはがせるのが売りなんですが、それよりも、はがすときの感触が気持ちよすぎて、意味なく貼っては剥がすを繰り返したくなるほどらしい!貼ってはがして、何度でも繰り返したいほどってどんな感触なのか、すごく気になります。

■今までのテープカッターはちぎっていた!これからは切る!「カルカット」
テープカッターです。でも、ただのテープカッターじゃないです。
実は、これまでのテープカッターって、実はテープをちぎるようにカットしていたのです。だから、切り口はギザギザ。さらにマスキングテープなどの厚いテープだと上手くカットできないことがよくあった。それを解消したのが「カルカット」なんだとか。
軽い力で切れる。まっすぐ切れる。刃が汚れにくい。メンディングテープだろうと、PPテープだろうとスパッと切れる。テープカッターって、もう完成したものだと思っていました。とんだ勘違いでした。認識不足でした。すぐ購入します。

■ダンボールもサクッと切れるハサミ「エアロフィットサクサ」
ハサミって、根元近くが1番切れるようになっています。で、この「エアロフィットサクサ」はそれを刃先までずっと続くように設計されたハサミ。
切れ味の秘密はアーチ曲線らしく、このおかげでダンボールやカードもサクサク切れる。もっとすごいのは、刃先の切れ味が最大限に引き出されているので、結束バンドなどの硬いのに刃先で切るしかないものも簡単に切れるということ。
事務員さんが困っている会社はありませんか?このハサミで一発解決です。
ハサミの刃には2タイプ、「スタンダード」と「グルーレス」があります。おすすめはグルーレスタイプ。刃と刃が面で接していないため、粘着テープを切っても刃にテープがつきにくい。つまり切れ味も長持ちするので、もはやグルーレスタイプ一択と言っても過言ではないです。

■弾切れ無し、ゴミ無しホッチキス(ステープラー)「ハリナックス・プレス」
針を使わないホッチキス(ステープラー)として有名なものに「ハリナックス」があります。でもハリナックスは穴を開ける必要があるし、外す時に紙くず(ゴミ)が出てしまう。ところがこの「ハリナックス・プレス」はゴミが出ない。
圧着するので、綴じ部がスマート。それゆえかさばらない!さらに外したいときは圧着部分をこするだけでOK。
穴も開かず、ゴミも出ない。書類はキレイなまま。だから、コピーやスキャンするときに一切影響がない。もちろんシュレッダーも可能。これ以外を使う理由が見つからない。

■書類に日付を入れて最新版以外は捨てる!「デートスタンプ」
COLOPの「デートスタンプ」は書類に日付を入れるのに便利。油断するとすぐに溜まる書類ですが、必要なのは最新版だけのはず。それって、書類に日付が入っていれば簡単に把握できる。また、後で読むと思ってついつい残していた書類も、日付を確認し、1年とか2年以上見てないなら捨てていいと判断できる。

■ペンスタンドになるペンケース「ネオクリッツ」
ありそうでなかったペンケース、それがネオクリッツ。このペンケースは直立し、さらにガバっと開くことができるので、「あのペンどこだ、ガサゴソ…」なんて不毛なことをする必要がない。
普段はペンスタンドとして使い、ミーティングや移動のときはそのままペンケースになる。一度使うともうほかのペンケースには戻れなくなります。

■朱肉のフタが捺印マット「シクオス」
シャチハタの「シクオス」は朱肉のフタが捺印マットになっているアイテム。
ハンコを押すのが苦手でも、捺印マットを使えば案外上手く押せるもの。いつも失敗するって人は、これ買っておけば間違いないです。

Top