home インテリア ベッド選びのポイント

ベッド選びのポイント


■体にあったサイズの選び方
『1人で寝るからシングル』となりがちですがぐっすり眠るためにちょっとしたポイントを見てみましょう。

【一般的なベッドサイズ】
シングル…97cm
セミダブル…120cm
※メーカーにより若干違いがあります。

■ベッドサイズ選びのポイント
寝た時に体の両サイドに10~15cm隙間ができるのが理想です。

【1人のベッド選びのワンポイント】
シングルは寝返りをうつには少し狭いですが、セミダブルなら寝返りも安心!目を覚ますリスクが減り安眠できます。

【夫婦のベッド選びのワンポイント】
シングルを2つ並べるほうが良い
ダブルだと、相手の寝返りの振動が伝わったりして安眠でない。シングルだとマットレスがわかれているため振動が伝わらず安眠できます。
ある部分だけ沈み込む、スプリング部分が直接手に触れるそうになるものはNGです。
腰掛けて大きく沈み込んだり、不安定にゆれたりしないかチェック
沈み込みが大きいと体に負担がかかり、ゆれが大きいものは体がゆっくり休まらないのでNGです。
寝て腰の下に手を滑りこませる時、少し抵抗があるぐらいの硬さが◎
腰が深く沈み込みすぎるのも腰に負担がかかりNGです。
寝返りをうってスプリングのきしみ音がしないか、腰が浮く事がなく自然な寝姿勢が保てるかチェックします。

マットレスの種類と特徴
▼一般的に取り扱いのあるマットレスについて比較してみました。特徴を見てみましょう。
ボンネルコイルマットレス
柔らかすぎる寝心地の苦手な方や初めてベッドを使用される方にオススメ。
【メリット】
値段が安い。
適度に硬いため、「畳に布団」のような寝心地です。
【デメリット】
中のバネ同士が連結されていて揺れが伝わりやすい。
体とベッドの間に隙間が出きやすい。
おしりの部分が出ているので腰に隙間ができやすく体に負担がかかりやすい。

ポケットコイルマットレス
腰痛、肩こりに悩んでいる方、2人で使用する方にオススメです。
【メリット】
中のコイルが独立していて体全体を点で支えてくれます。
揺れが少なく耐久性にすぐれています。
【デメリット】
値段がボンネルコイルに比べて高めです。
体を点で支えるので体とベッドの間に隙間ができにくく安定した寝姿勢を保てます。

【結論】
10分間寝て腰などに違和感を感じなければ大丈夫な可能性が高い
マットレス選びは個人の好みがあるのでからだにあったものを選びましょう。

Top