home インテリア ブルーナのデザイン展「シンプルの正体」の混雑状態…と、シンプルについて思うこと

ブルーナのデザイン展「シンプルの正体」の混雑状態…と、シンプルについて思うこと

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

わが家はカレンダー通りのお休み。近所をぶらぶらする予定です。

この週末は、松屋銀座で開催されている「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」を見に行ってきました。

ゴールデンウィークのはじめの週末ということもあってか、会場内はかなりの混雑! 入場制限がかかるほどではなかったものの、小さい子どもは抱っこしてあげないと、展示がほぼ見えない…程度の混み具合ではありました(汗)

会場内では、この付近↑

ブルーナの特徴である「シンプル」をキーワードに、「シンプルの明日」というテーマで、日本のデザイン界で活躍する気鋭の4組[KIGI、groovisions、中村至男、ミントデザインズ]が、プロダクト、グラフィック、ファッションなどのジャンルで、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作

以外、撮影NG。

展示会自体はこじんまりしたものでしたが(原画がもっと見たかった)、個人的には「シンプル」について考える機会を得て、すごくよかったです。やっぱりシンプルって引き算だけじゃないんだと改めて痛感。引き算だけでは生まれ得ない、心を動かす線、色、デザインの数々に鳥肌が立ちました。極限まで削ぎ落としつつも「それだけ」ではない作品が、たくさん見られます。会場内で流されている映像にチラッと映る、ブルーナのアトリエも素敵でした。

今年2月に亡くなったブルーナの未発表の絵本「de beer is dood(クマくんが死んだ)」も特別展示されています。ブルーナファン、という方なら一見の価値ありです:)

ちなみにその横では、「誕生15周年記念 くまのがっこう展」が開催されていて、こちらにも立ち寄りました。

息子くんに以前、シリーズ1作目を読んであげたところ、まったく興味をしめさなかったので、その後読んでいなかったのだけれど……なぜかこちらの展示会は本人が見たいというので入場(汗汗)

そしてこの展示会。ジャッキー好きなら、かなり訪れた方がいい内容でしたよ。絵本の原画、原画、原画! そしてシリーズ誕生前のラフスケッチも! 印刷された絵本とのクオリティの違いに驚愕できます。やっぱり本物の力ってすごい。……と、ジャッキーファンでないわたしも十分楽しめた次第です。

いずれも、開催は5月8日まで@松屋。詳細は各サイトでチェックしてみてくださいね:)

帰りはちょこっとボルダリング体験。

にほんブログ村テーマ
子どもとおでかけ♪

ゴールデンウィークのお出かけ情報の参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 

Top