home インテリア ダブルベッド、Wi-Fi完備、到着後も寝ていてOKな夜行バス

ダブルベッド、Wi-Fi完備、到着後も寝ていてOKな夜行バス


夜行バスは寝ているあいだに目的地まで連れて行ってくれるので、翌日の朝イチから時間が使えてとても便利ですが、時には「ちょっと到着が早すぎるので、時間をどこかでつぶさないと」ということがあります。

そんな不都合を解消するかのように、サンフランシスコとロサンゼルスとの間を結ぶ「SleepBus」という夜行バスには、バスが到着してからチェックアウト時刻まではそのまま寝ていてもOKというサービスがあります。

バスは23時に出発して、翌日の6時ごろ目的地に到着。すぐに降りてもいいのですが、7時30分が「チェックアウト時刻」となっていて、ここまではベッドで寝ていてもOKだとのこと。テスト運行中の価格は48ドル(約5200円)、サービスイン時には65ドル(約7000円)に値上げ予定だとのことですが、早朝の到着後に車内でゆっくりしていられるというのは人によってはかなり助かるサービス。

サンフランシスコとロサンゼルスとの間は飛行機で1時間ちょっとですが、旅費を少しでも安く浮かせたいなら、このバスはかなりアリです。

なお、日本ではこのSleepBusのようにフルフラット状態になるバスは、国土交通省の認可が下りないとのこと。
7af8aed2-s

Top