home 未分類 この世界はいいことしかない

この世界はいいことしかない

 

 

息子がお風呂上がりに突然唄いだしました。

 

なんと、作詞作曲はご本人のものだといいます。

 

 

 

 

息子「今から、◯◯くんの映画をやります。

 

ビーーーーーーーーーーっ!!(映画開始音らしい)

 

 

 

歌を唄うのならば、ライブじゃないのか?

 

なぜ?映画なのだ?

 

・・というツッコミは、

 

ムーディー勝山並みに左へ受け流しまして

 

黙ってじーーーっとしてました。

 

 

 

 

 

息子「この世界は〜♪いいこと〜〜いいことしかない〜〜〜〜〜♪・・・・」

 

これ一応唄っています。

 

 

 

息子「この世界は〜♪いいことばかり〜〜♪いいことしかないーー・・・」

 

 

 

 

P「えっ??なんで?なにが?」

 

 

・・思わず説明を求めてしまいました。

 

 

 

息子「◯◯くんの映画をよく観て聴いてくださ〜〜〜〜い♪」

(これもメロディにのせて唄っている。)

 

 

 

息子「いいことしかない〜〜〜♪

 

 

この地球は、すごいんだ〜〜♪太陽があって、月もある〜〜♪

 

お星さまもたくさんあるから〜〜〜〜♪

 

心があるから〜〜〜〜♪」

 

 

 

 

P「えっ??なになに?心??

 

心があるからいいことなの?」

 

 

 

 

息子「うん、そうだよ。」

 

 

気持ちよく唄っているというのに母親に邪魔ばかりされるものだから

 

とうとう息子も観念したようです。

 

 

 

息子の本心は、

 

「右から来たんだから軽く左へ受け流せやーーーーー!」

 

だったと思います。

 

 

 

息子「心があるって凄いんだよ。お日様も月も見えるって凄いんだよ。(地球から)

 

お星さまもいっぱいある。神様だっていつも守ってるよ。

 

この世界は〜〜♪いいことしかない〜〜〜♪(また唄う)」

 

 

 

 

これってもの凄いことを唄っていると思います。

 

 

 

 

太陽と月。

 

このふたつがあるから地球は凄いんだそうです。

 

 

 

 

 

そして、心。

 

 

心があるのがどれだけ素晴らしいか。

 

 

 

息子「心がなかったら、美味しいって思えないんだよ。悲しいって泣けない。

嬉しいって泣けないんだよ。ほら!観たでしょ?映画で。」

 

 

 

今季の戦隊系

 

キュウレンジャーをわたしは一度も観ていないのですが

 

先日、息子と出掛けた

 

 

「超スーパーヒーロー大戦」

phonto.jpg

 

 

この映画で、9人の中のひとりである

 

彼は宇宙人?らしく、

 

もしかしたら心がないのかも?(よく分からない)

 

 

 

 

自分の流した涙を

 

「これはなんだ?」

 

と聞くシーンがあったような記憶があるのですが

 

息子はこの時に一緒に泣いてしまったのだそうです。

 

 

確かに隣で鼻をすすっていました。

 

そして映画後に息子が

 

「◯◯くん、とっても感動しちゃったの。泣いたところ。」

 

と話していました。

 

 

 

 

 

 

息子「心があるって凄いんだよ。」と。

 

 

 

 

 

 

息子の視点は、完全に宇宙視点です。

 

 

宇宙からみたら

 

目の前で起こっていることは

 

なんの問題もなくて

 

なんでもかんでも善い方へ向かっているのは確かだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【太陽系の公転】動画が好きすぎて何度もしつこく貼っているので

 

今回は控えますが

 

 

その動画を観てもわかるように地球は、

 

太陽の引力に引っ張られて

 

お母さんを追っかける子どものように

 

太陽の周りをぐるぐると後追いしています。

 

 

そして、

 

月は、地球の引力に引っ張られてぐるぐると後追いしています。

 

とっても可愛いです。

 

 

 

 

このバランスを崩さない宇宙って凄いと思います。

 

 

 

 

それには、

 

息子が話す・・周りのお星様の存在、神様の存在、

 

そして、地球人の存在。

 

全ての存在がなければ成り立たない宇宙のバランス

 

 

 

 

 

個人個人、おひとりおひとりの中にある悩みや苦しみ。

 

それはきっと宇宙視点からみれば

 

善い方向へと向かっている。

 

 

家族のいざこざも宇宙視点からみれば、

 

・・結果、善い方向へ。

 

 

個人、家族、街、国、地球・・・・宇宙。

 

 

さまざまに色々あるけれど、

 

息子が言うならば

 

 

息子「ダイジョーブ!ダイジョーブ!!地球はちゃんとまわっているから

ダイジョーブ〜〜〜♪」

 

・・みたいな。

 

 

 

 

「この世界は〜〜♪いいことしかない〜〜〜♪」

 

 

と彼が唄うのだからそうなのだとわたしも思います。

 

 

 

 

今はその「いいこと」が起こっていないのかもしれないけれど

 

宇宙の視点からあの宇宙のバランスをみてしまえば

 

 

 

結果、

 

いい方向へ進んでいることは間違いないのではないかと思えます。

 

 

 

きっと、

 

結果がどうのこうのではなく

 

いい方向へ向かっている、大丈夫

 

といった安心エネルギー心持ちが大切なのではないかと思います。

 

 

ネガティブ感情まみれになったら地球はおかしくなると

 

息子が言うならば、

 

結果とか、本当のところどうだとか

 

そんなことどうでもよくて

 

兎に角、大丈夫なんだ。いい方へ進んでいるんだ

 

という安心エネルギーで地球を満たした方が健康的で

 

楽しいと思います。

 

 

安心の心持ち

 

 

息子も心があるって素晴らしいって言っていますしね。

 

心を持つならば安心の心がいいです。

 

 

 

 

 

 

——息子は自分が作った歌だと言い張っていますけど

 

曲がまるっきりワンオクの「the same as」だった件。

 

 

 

 

 

なぜ?これを選んだのだw

 

チョイスが秀逸すぎだw

 

よって、パクった件は一応受け流してあげました。左に。

 

 

 

 

なぜ?今になってムーディーなのかというと

 

夢に勝手に登場されたので

 

今日、一日頭から離れなかったのでした。

 

このムーディー、

 

息子の「宇宙は流れている」に匹敵すると思うw

 

 

 

 

今日は以上です。

 

ということで、今日もありがとうございました。

 

Top