home インテリア おしゃれな部屋のコツとは?

おしゃれな部屋のコツとは?


ワンルームをオシャレにしたい!

■ワンルームの間取り
ワンルームの一般的な間取りは、玄関を入ってすぐにキッチンやバス、トイレがあり、その奥がお部屋になっているのではないでしょうか。壁に沿うように家具を配置して、中央に空間を作るのがワンルーム攻略の一つです。このように一線上に家具を配置することを、インテリアラインと言います。

■キッチンがお部屋と一緒なら
ワンルームのお部屋の中にキッチンがあるなら、間仕切りをして見せないレイアウトはどうでしょうか。
生活感が一気に出てくるキッチンは友人や恋人が来た時に見せたくないものですね。カーテンで仕切るとか、本棚で仕切るとか、それはお部屋次第です。自身が、こんな風に仕切れば、居心地が良くてお部屋もスッキリするかなと試行錯誤して工夫してみて下さい。

■最低限の家具だけにする
ソファを置かずバーテーブルとチェアをセットするというのも、オシャレですね。
お部屋の空間が広く使え、なおかつ洗練された印象になります。こういうお部屋なら、いつ友人が来ておもてなしできそうな雰囲気ですね。狭さを感じさせないステキな仕組みです。
ソファベッドはワンルームにとってありがたい存在ですね。来客があっても、お泊めできるのが、ソファベッドの強みです。普段は、ソファとして十分利用価値があるうえ、親や兄弟が来ても泊めてあげることが可能です。

■北欧系ユニセックス
女性でも男性でも飽きのこないスタイルで北欧風にしたコーディネート。グリーンを上手く取り入れて空気の浄化も出来て、悪い気を吸い取ってくれるんですってよ。風水学も取り入れてるそうです。

■ガーリーなコーデ
家具をホワイトに統一して甘いピンクを浮き立たせたガーリーで可愛いお部屋。
白×ピンクは女子が好きな最強のコンビネーションですが、こんなお部屋に住んでいたら気持ちまで優しくなれそうですよね。
最近、またピンクに対する注目度が高まってきてますね。今、注目の「ゲスの極み乙女」のメンバーもピンクの衣装が際立っていますよね。ピンクが再ブレークしそうな雰囲気ですね。
狭いワンルームのカラーコーデはカーテンとベッドカバーやラグにおしゃれポイントがあります。
お部屋のイメージを受ける大きめのファブリック系は、カラーを同系色にまとめましょう。

■間接照明を上手く取り入れる
電球色のライトは一人暮らしには温かみを感じさせてくれます。
オレンジ色のほのかに灯したライトは、一人の夜をムーディにさせてくれるでしょう。
しっぽり音楽を聞きながら過ごしたいものですね。

狭いお部屋でもインテリアラインを意識して家具を揃えると、スッキリするだけでなく、中央に空間がつくれます。間接照明を上手く取り入れたりして、自分のお部屋が大好きになれるように素敵にコーディネートしてくださいね。

Top