home インテリア 【22年ぶりの東北沢駅徒歩2分】オープンレジデンシア下北沢イーストテラス5階64㎡8,038万円【坪単価418万円】

【22年ぶりの東北沢駅徒歩2分】オープンレジデンシア下北沢イーストテラス5階64㎡8,038万円【坪単価418万円】

オープンレジデンシア下北沢イーストテラス。

東北沢駅徒歩2分、池ノ上駅徒歩7分、下北沢駅徒歩11分、代々木上原駅徒歩13分の地上6階建(建築基準法上は地上5階地下1階建)総戸数19戸のレジデンスです。

下北沢駅徒歩5分のウエストテラスとの同時分譲でどちらも非常に珍しい立地に誕生する物件ではあるのですが、ウエストテラスの近隣には直近でピアース下北沢が分譲されたということもあり、こちらの方がややインパクトがあるかもしれませんね。

ホームページでも大きくアピールされているように東北沢駅徒歩2分圏内の分譲マンション供給は約22年ぶりであり、ウエストテラス以上に珍しいポジションの物件となります。

東北沢駅は下北沢駅ほどの知名度はないものの、やはり地下化により駅前がきれいになりましたし、駅周辺が下北沢ほど賑やかではないがゆえに駅徒歩2分でも落ち着いた環境が享受できるというメリットがあるでしょう。

そもそも、駅距離に関係なく分譲マンションの供給が少ないエリアであり、駅徒歩2分圏内でなく駅徒歩5分圏内まで範囲を広げても2003年の駅徒歩3分のラビィドール下北沢以来の供給となることからも当物件の希少性がお分かりいただけるはずです。
ちなみに、これまで2,000物件以上をご紹介してきた当ブログのブログ内検索に「東北沢駅」と入力しても当然ながら1件もヒットしません。

小田急線の地下化により多少は変わってくる可能性もありますが、小さな土地の多い住宅エリアなので、スケール感のあるマンションはなかなか出てこないのでこのエリアでマンションをお探しの方にとってはまたとない物件と言えそうですね。

公式ホームページ
IMG_1249[1]
お部屋は64㎡の3LDK、南東角住戸です。南側も当物件の敷地と同じ第一種住居地域ではありますが、戸建中心の落ち着いたエリアとなりますので、この上層階住戸からは日照だけでなく視界抜けも得られる魅力的なポジションです。東側には大差ない高さのマンションがあるので視界は遮られますが、物件内でも条件の良い住戸ですね。

間取り的には条件の良いポジションゆえに物件内では大き目のプランニングがなされています。当物件の下層2フロアはメゾネットタイプとなっており、その中にはこのプランよりも大きなものがありますが、メゾネットタイプは階段部分の面積消費が少なくないので、実質的にはこのプランが物件内で最も大きいものと言っても過言ではないでしょう。

ちなみにですが、ここだけでなくウエストテラスもピアース下北沢も下層2フロアはメゾネットとなっているのには理由があります。世田谷区は条例により地下住戸が禁止されていることをご存知の方も少なくないと思いますが、禁止されているのは「地下のみに設置される独立住戸」であり、地上1階及び地下1階に連続するメゾネット住戸であれば条例違反とはならないので、どの物件でも同じような構造が採用されているということとなります。

さて、当プランに戻ります。オプレジらしい華のない角住戸ではあるのですが、低層物件なので柱は細いですし、収納配置が上手なため全体的に居室形状がきれいなのは評価できる点でしょう。

かなり面積を絞った3LDKとなることを考えると玄関廊下は一直線とすべきだったと思われ、LDKで11.5畳しか確保できていないのは残念に感じますが、ベッドルーム2の引き戸を開くと2LDK的にも使うことが可能なのは潰しが効いて良いでしょうね。

また、浴室が1418でなく1618なのはかなり意外でした。30㎡台のプランにも1416が採用されていたりと不思議なほど浴室のゆとりを意識した物件となっているようです。

坪単価は418万円。前述のように非常に珍しい立地条件の物件ですし、物件内でも条件の良い住戸ですのでこのような単価となることに違和感はありません。とても貴重なポジションではあるのですが、駅力・エリアの差などもあり流石に両隣の代々木上原駅(渋谷区アドレス)や下北沢駅徒歩5分圏内の物件よりは目に優しい水準としたようです。
Top