home インテリア 【緑道と連動する充実した植栽】ガーラレジデンス川崎プロムナード1階61㎡4,190万円【坪単価225万円】

【緑道と連動する充実した植栽】ガーラレジデンス川崎プロムナード1階61㎡4,190万円【坪単価225万円】

続けて、ガーラレジデンス川崎プロムナード。

設計はエル設計事務所、施工は馬淵建設で直床となります。馬淵建設はガーラレジデンス綱島アヴェニューでも起用されている他、先日ご紹介した億ションもたくさんあるクリオレジダンス横濱ザ・マークスの施工も行っており、特に神奈川エリアでは名を聞くことが増えてきている印象があります。

外観デザインにはそこまで目立つ特徴はありませんが、緑道沿いであることを意識したもので敷地の周囲だけでなく、敷地内を隙間を埋めるように至るところに植栽を敷き詰めているのが印象的な物件です。

アデニウム川崎ほどスケールある物件ではなく、敷地内の緑を充実させた分もあるのか駐車場は機械式中心にはなりますが(全23台中18台が機械式。アデニウムは意外なほど平置駐車場が充実していた)、ゆったりとしたエントランス周りなどにも見所がありますし、ランドプランにも魅力を感じることのできる物件ではないでしょうか。

前回のガーラレジデンス川崎プロムナード

公式ホームページ
IMG_1162[1]
お部屋は60㎡ちょっとの3LDK、南東向き中住戸です。道路の向かいは幸警察署で殺風景な感じの視界にはなりますが、距離は十分に確保されているので1階住戸でも日照は良好ですね。このようなポジションであれば、専用庭は南西向きの1階住戸と同じで芝生の方が良かったような気もしてしまいますが。

間取り的には洋室2の形が少し歪ではありますが、やはり完全アウトフレーム化されているのが素晴らしいですね。

中住戸ながら共用廊下からワンクッション置いた位置に玄関を配置出来ているので玄関前にアルコーブ的な空間を設けることが出来ていますし、テラス・専用庭に向かって連窓サッシを採用するなど、狭小プランながらも空間を有効活用し、かつ、空間的な広がりを生み出せるようにしている点に好感が持てます。

60㎡そこそこの3LDKということで先ほどの4LDK同様に限界まで面積を絞ったプランニングなのですが、LDだけで10畳、また洋室も6畳確保するなど、60㎡台中盤ぐらいはあると錯覚しそうな無駄の少ないプランと出来ています。

収納は少なめではありますが、あからさまなレベルではありませんし、キッチンや洗面所などの水回りにも違和感のない広さを確保出来ているのも良い材料です。

坪単価は225万円。1階住戸の水準としては高く、先ほどの住戸などと比較しても魅力を感じるような水準ではありません。物件内で最も専有面積の小さいプランであるため余計に単価が安くなりづらいと言えるでしょう。
ただ、前述のように65㎡程度の使い勝手はあると思うので、そのように考えると単価は多少割り引いて考えることは出来るのですが、そのように間取りを吟味できる方はけして多くなく61㎡という数字から受ける印象がどうしても先行してしまうのが難しいところでしょうね。

新築分譲時はデベの営業マンがそのような効率性について熱心に語ってくれるのではないかと思いますが、リセール時の仲介会社の営業マンはこの物件や間取りに特段の知識を持っていることは少ないですから…。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものも見あたりませんが、食洗機はついています。また、トイレはキャビネット型ですね。

管理費は159円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしの物件ですが、総戸数50戸とけして大きなスケールがあるわけではないことを考えると悪くない水準と言えるでしょう。
Top