home インテリア 【外観も専有部もタイルに注目】ザ・サンメゾン日本橋馬喰町2階58㎡5,400万円【坪単価307万円】

【外観も専有部もタイルに注目】ザ・サンメゾン日本橋馬喰町2階58㎡5,400万円【坪単価307万円】

続けて、ザ・サンメゾン日本橋馬喰町。

設計はAIUEO STUDIO、施工は新日本建設です。

ザ・サンメゾン西大井金子山エルドの記事で書いたように近年は「ザ・サンメゾン」ばかりを供給しており、サンヨーホームズの最上級ブランドとは言っても他社の最上級ブランドほどの高級感を感じにくい物件も少なくないのですが、当物件はデザイン面に工夫があって良いですね。

1フロア2戸の総戸数22戸という小規模物件となるため、エントランス周りにスケール感を出すのは当然ながら難しく、実際、こじんまりとしたものになってしまってはいるのですが、その一方で外観デザインにはかなりインパクトがあります。

外壁タイルには日本の伝統色の1つである「鳩羽鼠」を採用しており、一見地味な色味ではあるのですが、部分部分によって光沢を出したり出さなかったりすることで市松模様や行儀小紋などを外壁に浮かび上がらせているのがとっても素敵です。

色で紋様を表現してしまうとダサくなってしまうのでしょうが、タイルのテクスチャーによって生み出されるこの控えめな表現はとっても上品で美しいものとなることが予想されます。

前回のザ・サンメゾン日本橋馬喰町

公式ホームページ
IMG_1085[1]
お部屋は58㎡の2LDK、北西メインの角住戸なのですが、南西側にも開口部を設けた小規模物件らしい特徴あるプランニングとなっています。低層階のため至近距離で視界を塞がれますが、北西は接道しているので、前建までの距離はそれなりには確保出来ていますね。

間取り的には先ほどのプランほどは柱の食い込みがないのは好材料でしょう。
ただ、キッチンの奥に洋室1が設計されたかなり珍しいタイプ(敷地形状に沿った形で共用部も含めこの部分だけが突出したフロアプランとなっています)でその動線部を含めると実質的な廊下部分がけして短くない点には注意すべきでしょう。

洋室1の扉の前までが15畳表記の「LDK」となり、純粋なLD部分だけだと10畳あれば良い方ではないでしょうか。

58㎡の2LDKなのでLDだけで10畳というのは標準的ではあるのですが、収納がかなり少ないのは見ての通りですし、浴室の1317などを見ても無駄が少ないとは言い難いプランとなります。

先ほどのプランとは異なり玄関周りにプライバシー面への配慮がなされているのは好材料ですが、バルコニーはやはりこの界隈の物件の中でも小さい部類となりますし、小規模物件なりの難しさをこちらにも感じずにはいられません。

坪単価は307万円。低層階で特に囲まれ感の強いポジションであるがゆえの単価ではあるのでしょうが、先ほどの72㎡のBプランの低層階は坪単価340万円近い水準となっていることからも分かるようにこちらのプランはかなり弱めの単価設定としているようです。

久松小学校学区ゆえに3LDKの方がニーズがあるということを加味してのものなのかもしれませんが、グロス価格が嵩まない分、2LDKの方が単価高となることも少なくないことを考えると意外な価格設定、極端すぎる価格設定という印象がありますね。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーこそありませんが、食洗機、水回りの天然石天板仕様、トイレ手洗いカウンターと単価的に違和感のないものとなっています。玄関だけでなく廊下床から水回り床に至るまでのタイル仕様も評価できる点でしょう。
また、それに加え、浴室の床及びエプロン部がタイル貼、カウンター部が御影石貼なのは高級感があって良いですね。この価格帯でこのタイプの浴室が採用されるケースは多くはありません。
こういった高級感のある浴室なのに照明がダウンライトでなくブラケットタイプなのはちょっと驚きましたが…(この組み合わせはこれまで見た記憶がなく、かなりのギャップ・違和感があります…)。

管理費は356円/㎡。内廊下ですが、ディスポーザーはありませんし、かなりの小規模物件なりに高めの水準となっています。
ちなみに、駐車場はありません。
Top