home 未分類 「母」を忘れる子ども

「母」を忘れる子ども

 

我が息子、

 

わたしになにも報告しないということが判明致しました。

 

 

 

 

 

先日、連絡帳に

 

「リレーの選手に選ばれ、練習頑張っています。」

 

と書かれているのを発見しました。

 

 

 

わたしは滅多に連絡帳を使わないため

 

先生とのやりとりは、ほぼ皆無です。

 

 

 

たまたま、

 

提出書類を持たせたことを連絡帳に記しましたら

 

先生からお返事を頂きました。

 

その時にリレーの件が書かれていたのです。

 

 

 

提出書類がなかったら運動会当日まで

 

リレーのことを知らなかったことでしょう。

 

 

 

 

選手に選ばれたのは、

 

1週間以上も前のことだったらしいです。

 

 

 

 

確かこの方は、

 

1年生歓迎の会でクラス代表に選ばれたということも

 

わたしに一切報告せず、

 

これまた連絡帳で知ることになったのです。

 

 

 

 

 

 

P「リレーの選手に選ばれたの?」

 

 

息子「うん♡」

 

 

P「そうなんだ。。。嬉しい?」

 

 

息子「嬉しいよ♡」

 

 

P「よかったね♡わたしもリレーの選手だったよ。

やっぱり親子だね♡親子でお揃いだね♪」

 

 

 

 

 

 

息子「えっ?親子じゃないよ!ぴ〜ちゃんと◯◯くん、親子じゃない!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ええええええええええええええええーー。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

親子じゃない。。親子じゃない。。親子じゃない。。。。。。(いじいじ)

 

dummyTitle

 

 

 

 

 

P「親子じゃないならキョウダイなんか?」

 

 

息子「あっ!間違えちゃったw

 

・・◯◯くんとぴ〜ちゃん、結婚してると思っちゃった♡えへへ♡」

 

 

 

 

話しを詰めてみると

 

息子は時々、わたしのことを

 

「お母さん」だと忘れてしまうのだそうです。

 

 

以前にも息子は

 

「ぴ〜ちゃんは、◯◯くんの子どもだよ♡」

 

と言っていたことがあります。

 

 

 

 

 

母を忘れるとはナニゴト??

 

と尋ねると

 

 

 

 

 

 

 

息子「ぴ〜ちゃんが忘れるから♡うふふ♡」

 

・・と言われてしまいました。

 

 

 

 

 

確かに

 

わたしは、自分が母親だということを

 

頻繁に忘れています。

 

 

 

 

 

「あっ!実は、わたしは『母』だった!『Mother』だった!!」

 

と思い出す瞬間がちょくちょくあるのです。

 

 

特に雨の日に。

 

 

 

 

そうだったのか。

 

息子もわたしが母だということを忘れるときがあるのか。。

 

 

 

でもまぁ〜よい。お互いちゃんと思い出すのだからね。

 

 

 

 

わたしが記憶喪失にならない限り

 

なにも問題はなく大丈夫だと思います。(おいっ)

 

 

 

 

 

 

運動会で息子は赤組だということ、

 

リレーは4番目(?)に走るということも

 

おばあちゃんから聞きました。

 

 

 

 

 

保護者会のときだったか

 

校長先生がこんなお話をされていました。

 

 

 

「特に男の子は、学校であった事をお家で話さないことが多いです。

 

子どもの話を聞く時間をきちんととってあげてください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はーーーーーーい!!

 

 

 

 

 

 

わかりましたーー!先生ーーー!!

 

 

 

 

 

 

息子が学校のデキゴトを報告しないのではなく

 

わたしが話を聞かないということが

 

ただ判明したのでした。

 

 

 

そして、

 

「母」を忘れる子どもなので当然ですけど

 

我が家に「母の日」がやってきたことは一度たりともありません。

 

 

 

今日は以上です。

 

 

ということで、今日もありがとうございました。

 

Top